切金螺鈿箱「青麦」

金城 一国斎

Ikkokusai Kinjo

広島市出身。香川県漆芸研究所にて漆芸の基本技術を修得。その後五代金城一国斎に師事。
広島市中区江波に工房を構える。
HP:七代金城一国斎

  • 切金高盛絵箱「万葉」
  • 切金箱「瑞葉」

自己PR

広島県に175年続く「高盛絵」を学ぶ。
日本伝統工芸展などの公募展に入選。
2018年第65回日本伝統工芸展において優秀賞の朝日新聞社賞を受賞する。
広島文化賞・広島市民賞・エネルギア美術賞などを受賞するほか、モニュメントの制作も行う。
マツダ株式会社のデザインコンセプト「魂動」とのコラボレーションを行い、ミラノサローネなどの海外デザインフェスティバルに出品する。
また日本工芸会中国支部の副幹事長として日本工芸会の運営にも携わる。
七代金城一国斎一門展「一漆会展」を開催するなど、後進の指導も行う。
〔提供可能な内容:企業・団体または個人から、作品購入のご希望やお問い合わせに対応できます。企業・団体からの講演や卓話または講習会のご依頼に対応できます。〕

略歴

2004(平成16)年 広島県教育奨励賞受賞
2004(平成16)年 ポーラ賞奨励賞受賞 ポーラ伝統文化振興財団
2004(平成16)年 第25回広島文化賞受賞
2005(平成17)年 第52回日本伝統工芸展にて日本工芸会奨励賞受賞
2011(平成23)年 広島県無形文化財「一国斎高盛絵」技術保持者に認定
2013(平成25)年 第56回日本伝統工芸中国支部展にて最高賞の金重陶陽賞受賞
2018(平成30)年 第65回日本伝統工芸展にて朝日新聞社賞を受賞